nap gallery

NEWS
2021.01.24

石川真生 「醜くも美しい人の一生 私は人間が好きだ。」沖縄県立博物館・美術館

石川 真生 展

「醜くも美しい人の一生 私は人間が好きだ。」

期 間:令和2年3月5日(金) ー 令和2年6月6日(日)

    前期:3月 5日(金)ー 4月25日(日)
    後期:4月27日(火)ー 6月 6日(日)
    (ただし、〈大琉球写真絵巻〉は会期中5回展示替えを行います。)

日 時:9:00 ー 18:00(金・土 / 20:00まで) 
    ※ 入場は閉館の30分前まで
会 場:企画ギャラリー1 / 企画ギャラリー2
入場料: 一般 1,200円
     高校・大学生 800円
     中学生以下 無料

沖縄県立博物館・美術館
〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3ー1ー1
Tel:098 – 941 – 8200

https://okimu.jp/exhibition/ishikawamao/

2020.12.09

冬期休廊のお知らせ

2020.12.27 – 2021.1.12

※ 休廊中、オンラインショップからのご注文につきましては、
 商品のお届けまでお時間を頂く場合がございます。

2020.10.27

白井 美穂 / タムラサトル / 村田 峰紀「100Vのドローイング」パフォーマンス映像

2020月3年18日 ー 2020年4月4日「春の雷 / Spring Lightning」展、会期中の3月20日に行いました「 100Vのドローイング 」のパフォーマンス映像作品が完成いたしました。タムラサトル「白熱のための接点」の100V電流が流れる鉄棒と鉄板との接点の間で、白井 美穂の「絶縁手袋」を装着し、村田 峰紀が渾身のドローイングパフォーマンスを行った約20分間の映像作品です。
 
   


      

    
   

「100Vのドローイング」 パフォーマンス映像
  
20分40秒  /  Ed.9   /  110,000円 (税込)
 

※ 映像は2回目のパフォーマンスとなります    

※ nap gallery online shop にて販売しております。  https://napstore.thebase.in/
  

  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
    
< 作品とのセット販売 >
     
Set 1
・タムラサトル 「白熱のための接点」
・白井 美穂   「絶縁手袋」(ピンク)
・村田 峰紀   「100Vのドローイング」
・パフォーマンス映像 1 ( 15分12秒 )
    
     
Set 2
・タムラサトル 「白熱のための接点」
・白井 美穂   「絶縁手袋」(白)
・村田 峰紀   「100Vのドローイング」
・パフォーマンス映像 2 ( 20分40秒 )

     
価格、詳細につきましては、お問い合わせくださいませ。
  
   

    

2020.10.24

本城直季が市原湖畔美術館にて個展「 (un)real utopia」を開催します

※ 市原湖畔美術館は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、1月9日(土)から2月7日(日)まで臨時休館いたします。

2020年 11月7日(土)~2021年1月24日(日)

平   日:10:00 ー 17:00
土・休前日: 9:30 ー 19:00
日・休 日: 9:30 ー 18:00
(最終入館は閉館時間の30分前まで)

休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始 [12/28(月)~1/4(月)]

料金:一般:800 円 / 65 歳以上の方・大高生:600 円
中学生以下無料、障がい者手帳をお持ちの方とその介添者(1 名)は無料。

https://lsm-ichihara.jp/

展覧会レポートを、こちらからご覧頂けます

2020.09.22

TOPコレクション「琉球弧の写真」展に石川 真生、平敷 兼七が出展いたします。

TOPコレクション「琉球弧の写真」

出品作家
山田 實(1918-2017)
比嘉 康雄(1938-2000)
平良 孝七(1939−1994)
伊志嶺 隆(1945-1993)
平敷 兼七(1948-2009)
比嘉 豊光(1950-)
石川 真生(1953-)

2020年09月29日(火) – 11月23日(月・祝)
開館時間: 10:00 – 18:00 *入館は閉館の30分前まで
休館日: 毎週月曜日(ただし、11月23日[月・祝]は開館)

東京都写真美術館3階展示室
観覧料: 一般600円、学生480、中高生・65歳以上300円

□主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
□助成:公益財団法人ポーラ美術振興財団

https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3838.html

2020.09.13

「時どきどき想像」展に井上佐由紀が出展いたします。

高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.09「時どきどき想像」展に井上佐由紀が出展いたします。

出展作家
蝸牛あや
井上佐由紀
後藤映則
保井智貴
大西康明

高松市美術館
10月31日(土)-12月13日(日)
9:00-17:00(金曜日・土曜日は19:00閉館/入室は閉館30分前まで)
休館:月曜日(11月23日(月・祝) 開館 /11月24日(火)休館)

一般 800円、大学生 500円、高校生以下無料

http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/index.html

2020.08.28

石川 真生 「大琉球写真絵巻 2020」 Part 7

期間:令和2年9月1日(火) ー 令和2年9月6日(日)
日時:午前10時~午後7時まで(※最終日は午後5時まで)
会場:第1・2・3展示室
入場料 1000円  高校生以下無料

那覇市民ギャラリー
〒900-0015
那覇市久茂地1-1-1 (パレットくもじ6階)
電話 (098)867-7663

http://www.palette-kumoji.co.jp/naha/gallery/sche/index.htm

2020.08.03

石川 真生 : ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW−光の破片をつかまえる」に参加いたします。

ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW−光の破片をつかまえる」
横浜美術館

2020.7.17(金)—2020.10.11(日)
木曜日休場(7/23、8/13、10/8を除く)

10時 ー 18時

10/2(金) 21:00まで開場
 3(土)    〃
 8(木)   〃
 9(金)   〃
 10(土)   〃

※ 会期最終日10月11日(日)は20:00まで開場

横浜美術館への入場は、日時指定が必要です。

https://www.yokohamatriennale.jp/2020/

2020.03.02

髙橋恭司が 「写真とファッション 90年代以降の関係性を探る」に参加いたします。

※ 7/19日まで会期延長

「写真とファッション 90年代以降の関係性を探る」
東京都写真美術館
2020.3.3(火)—2020.5.10(日)

出品作家とゲストによる鼎談
2020.4.11(土) 15:00ー16:30
髙橋恭司(出品作家) × 安野谷昌穂(美術家)×大城壮平(『VOSTOK』編集長)

https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-3451.html

2020.01.19

「 CADAN : 現代美術 」

2020 年 2 月 15 日(土)、16 日(日)
[内覧会 14 日(金)]

寺田倉庫 B&C HALL (東京都品川区東品川 2-1-3)

りんかい線 天王洲アイル駅 B 出口より徒歩 4 分
東京モノレール羽田空港線 天王洲アイル駅 中央口より徒歩 5 分

入場料: 無料

https://cadan.org/